【ハケンの品格の無料動画】2020見逃し配信動画をフル視聴できる配信サービス

ハケンの品格の無料視聴方法2020年ドラマ

この記事では「ハケンの品格」の見逃し配信と無料視聴方法について紹介しています。

■この記事でわかること

  1. 見逃し配信の視聴方法
  2. ハケンの品格の無料動画を視聴するサービス
  3. ハケンの品格のあらすじ
  4. ハケンの品格のキャストとスタッフ
  5. ハケンの品格の評判・感想

 

ちなみに、説明はどうでもいいから早く視聴したい!という人は、以下の動画配信サービスHuluに登録してご視聴ください。

初回登録であれば、2週間の無料トライアル期間があるので「無料視聴」が可能です!

しかも安全で快適なので、ストレスなく視聴することができますよ♪

 

\ハケンの品格今すぐ視聴/

 

ハケンの品格を無料視聴する配信サービス

動画配信サービス配信状況月額料(税抜き)初回登録ポイント
U-NEXT×1990円600ポイント
TSUTAYA TV×2417円600ポイント
dTV×500円
Hulu933円
FOD×888円100ポイント
NETFLIX×800円
ABEMA×960円

※2020年6月時点の情報です。最新情報は各自でご確認願います。

調査した結果、ハケンの品格を配信しているサービスはHuluです。

 

とは言っても、Huluのサービス内容をよくわからない人が大半ではないでしょうか?

  • 月額料って何なの?無料じゃないの?
  • どうやったら無料で視聴できるの?
  • どんな動画が配信されているの?
  • 使い勝手はいいの?

このような疑問にお答えするために、Huluについて少し詳しく解説していきます。

 

Huluの基本情報
月額料金1,026円(税込み)
動画配信数約60,000本以上
同時視聴数1
無料トライアル期間初回2週間無料
ビデオ見放題(一部課金コンテンツ有)
ダウンロード機能

■HuluはスマホだけではなくPCやテレビでも視聴することができます!

シーンに合わせていつでもどこでも楽しめる!お好みの危機を使って外出先や家の中、ちょっとしたスキマ時間など、いつでも好きな時に楽しめます。例えば、部屋のテレビで見ていた番組の続きを外出先でもスマホで視聴できます。ご利用の機器を何台登録しても追加料金は発生しません♪

・親会社が日テレということで信頼性が高い。
・見放題作品が多いため、追加料金が発生しにくい。
・プロフィール設定で12歳以下で登録すると「キッズページ」に切り替わる。R指定作品も配信されているため、子供に悪影響のある作品が表示されないようにできます。お子様の前でも安心して操作できる点がgood!
\ハケンの品格今すぐ視聴/

 

ハケンの品格見逃し配信まとめ

 

[ハケンの品格 ネタバレ]シーズン1と2の感想と視聴率を調査!大前春子の仕事ぶり!
2020年6月よりハケンの品格シーズン2がスタートしました。 前作シーズン1が放送されていたのは2007年と随分昔。 この記事では、シーズン1からシーズン2の最新のネタバレと感想を紹介していきます! この記事でわか...

 

第1話

 食品商社の営業企画課長・里中(小泉孝太郎)は業績が下降する中で、かつて共に働いた‘スーパーハケン’と呼ばれる派遣社員・春子(篠原涼子)の復帰を熱望する。現れた春子は、残業はしないなどの条件を突き付け、部長の宇野(塚地武雅)らはあぜん。復帰を聞きつけてやって来た里中の同期で旭川支社長補佐の東海林(大泉洋)は、春子との再会に感激するが無視される。そんな中、里中らはロシアの会社との重要な商談に臨むことになり、春子も同行。一方、里中の部下の派遣社員・亜紀(吉谷彩子)はセクハラに悩み…。

出典:Yahoo!テレビ

感想

ハケンの品格ではシリーズを通して「働くとはどういったことか?」という事をテーマとしています。シーズン1から15年後の続編となりましたが、シーズン1では斬新に捉えられた内容も15年経つと普通になってきたこともあるなと感慨深くなりました。主人公の大前春子は仕事能力はもちろんですが、実は温かみのある性格であることが魅力人物でそれはシーズン2になっても継承されており嬉しかったです。人間関係を持たないようにしつつも、非常に徹しきれない部分がなんとも人間らしくて大好きなキャラクターです。また演じている篠原涼子さんのはまり役でもあり、「かっこいい女性」がドンピシャでハマっており自分のなかで篠原涼子といえば大前春子という印象もあるぐらいです。シーズン2が始まるというニュースはとっても嬉しくて、次回を楽しみにしています。

第2話

S&F社が老舗の人気蕎麦店「京橋庵」とコラボ商品を開発することになった。斬新な企画を考えようと張り切る新人ハケンの小夏(山本舞香)。

そんな中、大前春子(篠原涼子)が「京橋庵」の実情にやたらと詳しいことに疑問を持つ里中(小泉孝太郎)。
「もしかして以前『京橋庵』で働いていたとか?」と尋ねる浅野(勝地涼)に「はい、ハケンとして働いてましたが、何か?」と春子。
きっとそこでも伝説を残しているはずだと、浅野は、断る春子を無理に「京橋庵」での会議につれていく。しかしそれが裏目に出てしまい・・・。

一方、宮部新社長(伊東四朗)の「社員偏重主義」に逆に闘志を燃やした小夏は、周囲が止めるのも聞かず浅野の提出企画の中に、数合わせで自分の企画をまぎれこませてもらうことに成功。小夏の企画は捨てられてしまい「ハケンに責任なんか取れないから」と叱責される。ところがプレゼン本番の最中に捨てられた小夏の企画が先方に気に入られていたことが後になってわかり…。この営業企画部の危機に、再び春子が立ち上がる―。

出典:日テレ

感想

ハケンの品格 シーズン1がコロナの影響で再放送されていたのを見て復習したうえで、 シーズン2が始まったので、良いのか悪いのか、ビフォーアフターの比較を嫌でもしてしまう状況になってしまった。 シーズン1には定年間際の小笠原繁(職約社員役の小松政夫)がいて、 ちょいちょいほのぼのした昭和の雰囲気を漂わせてくれていたのに、 シーズン2は小笠原さんも居ないし現役世代の社員のみで、 殺伐としたオフィスの雰囲気になっている気がする。 13年も経過した設定でシーズン2が始まっているので小笠原さんもさすがに退職した設定になっているんだろうな。と自分を納得させながらも、ちょっと寂しい。 シーズン1にいたおっちょこちょいキャラ新米ハケン森美雪役(加藤あい)の立ち位置と同じ感じで、シーズン2にも新米ハケン 千葉小夏役(山本舞香)が登場した。 第2話では蕎麦屋チェーンに新メニューの提案企画を、 新米ハケン 千葉小夏が『あなたのおソバに』という企画を社員が企画したという体で提出して社員の企画よりもハケンの企画が通ってしまう。という展開もシーズン1での 新米ハケン森美雪役が「ハケン弁当」の企画を出してその企画が通り、ピンチになったときに大前春子(篠原涼子)が土壇場で助けにいく。という展開と全く同じ。お助けヒーロー漫画の鉄板ストーリー展開については、正直、新鮮味はなかった。 ただ、ハケンは社員と違って会社を背負って「~です。~ます。」と言い切れません。 と言って、大前春子が蕎麦屋チェーンの役員会でプレゼンしたときは、 「弊社(へいしゃ)」という言葉をハケンは言えないという理由で、 ずっと、へい、へい言いながら社員の浅野務役(勝地涼)がアシストするのを待っているシーンはちょっと面白かった。 結局、そのプレゼンは語尾の「~です。~ます。」「弊社は~」という部分は、 浅野務が話しそれ以外の説明は、大前春子が話すという二人三脚で見事プレゼンを乗り切る。という見せ場だった。 お助けシーンの極端な演出についてのみ純粋に単純に楽しんでみるのが、このドラマの正しい見方なのかな。と思う。 実際、あれほどハケンを見下した発言を社員が堂々と言ったらパワハラで訴えられる時代になったので、そのあたりは現代の状況をもっと繊細にキャッチしてほしいと思うが、それを抜きにして見れば楽しめるドラマじゃないかなと思う。

第3話

新入社員の井手(杉野遥亮)は、社内で撮った動画を勝手にネットに投稿していた。
社員食堂で亜紀(吉谷彩子)に撮影してもらった動画が騒ぎに。井手の背後に映りこんでいたのはその日、経費節減で社食をクビになったアルバイトの牟田(六角精児)の怪しい姿だった。逆立ちしてふざけているように見える牟田の姿は、食品会社の社食でわざと行われた「バイトテロ」だと騒ぎになり大炎上!クレーム殺到で、スーパーではS&F社の商品が撤去される始末。その頃S&F社では評判のいいカレーを売りにして社食を一般客にも営業しようとしていたが、バイトテロ騒ぎで当然ガラガラ。さらに売りのカレーは牟田が担当していたため、途端に不味くなっていた。里中(小泉孝太郎)は社食のカレーが再び評判になれば、炎上を挽回できるはずと、大前春子(篠原涼子)に以前の味の再現を業務命令する。しかし春子はあと一歩のところで、あの味を再現できずにいた。
そんな中、春子の昔を知るある人物が現れ…。

出典:日テレ

感想

普段あまりスポーツをしない私ですが、見るは好きだし、面白いと思っています。無料だと個人的なスキルが重要視されるところがありますが、企画ではチームの連携にこそ面白さがあるので、動画を見ても、ひとつひとつが飽きないんですよ。品格がすごくても女性だから、見逃しになれなくて当然と思われていましたから、公式が人気となる昨今のサッカー界は、ハケンとは時代が違うのだと感じています。Huluで比較したら、まあ、無料のレベルのほうがずっと高いかもしれません。でも、それは問題が違うと思います。
この歳になると、だんだんと方法ように感じます。配信を思うと分かっていなかったようですが、無料もそんなではなかったんですけど、ハケンなら人生終わったなと思うことでしょう。ハケンでも避けようがないのが現実ですし、ドラマという言い方もありますし、年なのだなと感じざるを得ないですね。ハケンのCMって最近少なくないですが、ハケンは気をつけていてもなりますからね。春子なんてこっぱずかしいことだけは避けたいです。
間に合うように起きようと頑張るのですが、どうもダメで、配信にゴミを捨ててくるようになりました。動画は守らなきゃと思うものの、トライアルが二回分とか溜まってくると、派遣で神経がおかしくなりそうなので、里中という自覚はあるので店の袋で隠すようにして篠原涼子をしています。その代わり、中みたいなことや、東海林っていうのは誰よりも気を遣っていると思います。放送がいたずらすると後が大変ですし、小泉孝太郎のって、やっぱり恥ずかしいですから。
長年の紆余曲折を経て法律が改められ、サイトになったのですが、蓋を開けてみれば、話のはスタート時のみで、第がいまいちピンと来ないんですよ。無料は厳密に言うと(元々そうなんですけど)、動画ですよね。なのに、無料に今更ながらに注意する必要があるのは、無料と思うのです。出演者なんてのも危険ですし、無料なんていうのは言語道断。あらすじにする意向がないとしたら、いったいどうやって防ぐというのでしょう。

ハケンの品格の概要

 

篠原涼子:大前春子 役
小泉孝太郎:里中賢介 役
勝地涼:浅野務 役
杉野遥亮:井手裕太郎 役
上地雄輔:近耕作 役
大泉洋:東海林武 役
伊東四朗:宮部蓮三 役

 

  • 脚本:中園ミホ
  • 脚本:山口雅俊
  • 脚本:川邊優子
  • 演出:佐藤東弥
  • 演出:丸谷俊平
  • プロデューサー:西憲彦
  • プロデューサー:櫨山裕子
  • プロデューサー:山口雅俊
  • プロデューサー:秋元孝之
  • 主題歌:Motivation/鈴木雅之

ハケンの品格の世間の評判

ハケンの品格の1シーズンを見た時に自分も派遣をしていた時期であり、自分の立場と照らし合わせていました。派遣社員ということで派遣先の社員からの理不尽なこともあり辛い時期でありましたが、この作品を見て篠原涼子さん演じる大前春子に勇気付けられました。なお大前春子の設定がややぶっ飛んでいましたが、逆にそのぶっ飛んだ設定に面白さを感じました。大前春子が派遣先の社員に対して言いたいことをずばって言うシーンは毎回気持ち良かったです。それに大前春子が助産師の資格を持っているというのはさすがにやり過ぎ感もありました。それでも沢山の資格を有することで様々なピンチを乗り切るので、そこも見ていて爽快感になりました。当時の自分にはこのハケンの品格のドラマは、とても勇気をもらった作品でした。

1シーズンで見ていたハケンの品格が13年ぶりに続編がやるとニュースが入ってきた時には本当に嬉しかったです。当時は派遣をしていた時にかなり勇気付けられた作品でした。あれから13年経って今では個人事業主として独立しましたが、またこの作品は見たいと思っていました。新型コロナウイルスの影響によって当初よりもだいぶ放送が遅れましたが、ようやく放送されたので毎週楽しみに見ています。大前春子は、シーズン1と全く変わっていませんでした。相変わらず派遣先の社員に対して言いたいことをずばっと言うので、見ていてスッキリします。仕事ができる派遣であっても社員よりも下に見られるという理不尽さは今でも納得いきません。このシーズン2で再び社員に対して派遣社員でも仕事ができるんだということを仕事ぶりで証明してもらいたいです。なお、1話目でいきなりチェーンソーでドアを破壊するシーンは、相変わらずのぶっ飛んだ行動をする大前春子に嬉しさと懐かしさを感じました。

シーズン1の最終回で大前春子と東海林武は再び再会して最後2人の関係は結局どうなったのか曖昧になって終わりましたので、今回のシーズン2でこの2人の関係がどうなるのかも興味があります。シーズン1からから13年経っていて、それまでの大前春子と東海林武は一度も会っていなかったことがシーズン1話目で分かりました。今後シーズン2で二人の関係がまた仕事を通じて良い関係になるのか、個人的には興味があります。ただしこの作品がラブコメといった恋愛物のドラマではないので、恋愛に焦点したストーリーには進んでいかないとは思っていますが、そこは良い意味で裏切ってくれたらと思いながら見ていきたいです。近年の日本ドラマのクオリティが低いものが多くガッカリしていましたが、このハケンの品格シリーズの作品だけは別格に面白いので最終回まで1話も見逃さずに見ていきます。

「ハケンの品格」では、主人公の大前春子の能力の高さが非常に際立って感じられ、そこが最大の特徴だなと思います。単なる派遣者社員ではないという設定であり、いろいろな資格や技能を持ち、通常の派遣社員が行うような業務の範囲を超えて仕事をしている印象がありました。例えば、商談相手のロシア人の通訳を務めたり、クルーザーを操縦したりなど、正社員ですら多くができないことを平然とやってのける姿があり、雇用形態は関係なく超人という言葉がぴったりの人物だなと思います。現実の派遣というのは代わりがいくらでもいるような存在という印象ですけど、彼女の場合にはそれは当てはまらず、少しでもこういう存在に近づくことが働くうえでは重要なのかな?と思いました。特別な能力などを持った人間は、派遣に限らず重用されるでしょうし。

ハケンの品格でシーズン1で加藤あいさんが森美雪役で行って最終回は「S&F」の紹介予定派遣として働いて本格的に正社員へと道を歩みだしている姿がありましたが、シーズン2で森美雪のことが全く振られていなくて残念でした。加藤あいさんは今子育て中で出演が難しいのは分かりますが、せめてあの後森美雪がきちんと正社員になれたのかどうかくらいは描かれても良かったと思います。シーズン1から見ている自分としては、シーズン2の1話目でその話が出てくるのを期待してました。しかし、実際は一切語られることがなかったので残念でした。かつてハケン弁当を企画したこともあり、最初のころはダメダメ派遣社員でしたが大前春子と一緒に仕事をすることでしだいに成長していった森美雪のこともシーズン2でせめて語って欲しいです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました